外壁塗装は見た目だけでなく建物全体を守る役割がある

SITEMAP

特徴的な形の家

外壁塗装の塗料の違いとは?

外壁のための塗料ですが、本当に色々とあります。そして、当然ながら耐久年数や価格も大きく違ってきます。艶も違いますし、実はかなり重要な要素が塗料になります。業者を選びぬいた後に、その後、外壁塗装の塗料を自分で選ぶ必要があります。では、どんな塗料があるのか、といいますとまずはシリコン系塗料です。これが最もコストがよいです。10年近くは持ちますし、人気があります。
次いで、ラジカル塗料というのがあります。比較的新型といえる塗料であり、シリコンよりも長く持つことが特徴であり、15年弱は大丈夫でしょう。フッ素系塗料というのもあり、今現在、外壁塗装で人気を集めています。特徴的なのは耐久性が極めて高い、ということです。最も高いといえるほどであり、しかしながら高価にもなります。そして、逆に一番短いのがアクリル系塗料になります。5年程度を見ておくことになる塗料です。これは相当短いといえます。よく塗り替えることがあるのであれば、この塗料がよいでしょう。他にも色々とあり、その中からベストなものを選び抜く必要がありますから、これがなかなか大変です。よくよく自分の家の環境を見て決めることです。例えば、やはり住宅環境によって外壁塗装の劣化具合も違ってきます。

CONTENTS

UPDATE LIST

2016/07/05
料金が高くなりかねないので早めにすべきを更新しました。
2016/07/05
外壁塗装の塗料の違いとは?を更新しました。
2016/07/05
定期的な外壁塗装は大事な家を守ります!を更新しました。
2016/07/05
外壁塗装と壁の関係についてを更新しました。
TOP